ファヴェーラの丘

ファヴェーラの丘

Add: udonoh82 - Date: 2020-12-12 00:19:46 - Views: 3634 - Clicks: 3055

『ファヴェーラの丘』 『ファヴェーラの丘』のDVDが欲しくてネットで検索をしてるんですけど、HITしなくて. 自らの悲劇を繰り返さないため、ギャングを夢見る子供達を救うため、銃や暴力ではなく音楽やダンスを武器にファヴェーラの丘に希望のリズムを響かせていく。 内容(「キネマ旬報社」データベースより). See full list on slumguy. ▲写真集『ROMÂNTICO』より ただでさえ写真がタブーなファヴェーラにカメラを持って飛び込んだ伊藤さん。 『ROMÂNTICO』を見れば、その撮影の困難さが、部外者が気安く「わかる」と言えるレベルじゃないことが伝わってくる。伊藤さん、そしてファヴェーラの住人たちのタフな毎日を支えたのはどんな食事だったのだろう。 ── ファヴェーラで始めて食べた料理を覚えていますか? 伊藤:下宿先のお母さんが作ってくれた「フェイジョン」っていう黒豆料理です。本当の家庭料理。黒豆を煮込んでご飯の上にかけて食べるんです。塩味で、ニンニクとかをガッツリ入れて。ブラジルでは、この黒豆が「強さの秘訣(ひけつ)」って言われているんですよ。貧乏人はご飯にフェイジョンをかけて食うっていう。これに肉をガッツリ入れると「フェイジョアーダ」になる。あとは野菜があって、肉が1枚でも付いていればいいっていう。 ── 初めて食べた時に違和感は感じませんでしたか? 伊藤:全然。見た目の黒さに抵抗がある人はダメかもしれないけど、普通に食ってうまい。ただね、毎日食えるかっていったらどうかな? っていう話で、ファヴェーラの住人たちは毎日フェイジョンだけど、俺はそこまで好きじゃないとは思います。 ── 地元の人は毎日? 伊藤:家庭の状況にもよるけれど、本当の貧乏人は毎日フェイジョンですよ。3食フェイジョン。圧力鍋で作るんですけれど、どの家でもお母さんの作り置きがあって。それを温めてご飯にかけて食べる。俺はちゃんと下宿代を払っていたから、肉が付いてきましたけど。 ▲写真集『ROMÂNTICO』より ── フェイジョン以外に各家庭で食べられているものはありましたか? 伊藤:「モコトー」っていう牛のアキレス腱が入ったスープとか、あとは、「カンジカ」っていう砂糖の入った甘い雑炊みたいな料理とか。俺がいた家は、日曜はお母さんに休んでもらいたいのと、胃を休ませようっていうこともあって、それだけを食べるような家庭でした。 ── 外食はどんなお店に? 伊藤:地元の定食屋さんには行きました。フェジジョンに飽きていても、お店のものはピリッとして肉も入っていてうまい。「ピメンタ」って言うんですけれど、カラシを混ぜて食べたりもする。白い豆に魚介を入れた海鮮フェイジョアダもありました。あとはシンプルに肉ですよね。肉。牛肉。 ── 日本食.

ファヴェーラは他の地域の人たちからは恐ろしいところだと思われているが、実際はほとんどの住人は平和に生きることを望んでいるのだ。 アンデルソンの活動は徐々に広がり、ギャングのボスからも尊敬されるようになるがそんな矢先アンデルソンの身に. (ファベーラの丘から転送) ファヴェーラの丘Favera Rising監督ジェフ・ジンバリスト / マット・モチャリー製作ジェフ・ジンバリスト / マット・モチャリー出演者アンデリソン・サー編集ジェフ・ジンバリスト配給ナウオンメディア公開 年6月2日 年4月5日上映時間81分製作国 アメリカ. ▲写真集『ROMÂNTICO』より 「食についてなんて語れるかな?」 笑いながらそう言って迎えてくれた伊藤さん。ガッチリとした体格、厚い胸板、精悍(せいかん)な顔立ち。話を進めるなかでその理由がわかってきた。 ── 写真家になるまでの来歴を教えてください。 伊藤:大学までずっと野球をやってきたんです。高校は進学校で、仙台っていうと育英高校があるでしょう。育英には勝てなかったけど、いい線はいってた。それで大学は野球推薦、セレクションを受けたけど、地方のベスト8レベルじゃ全然ダメ。そこで初めて挫折感を味わったんです。浪人して入った大学で体育会野球部に入ったんだけど、合わなくて辞めて。準硬式で野球は続けたけど、中途半端な自分がずっと嫌で鬱々(うつうつ)としてました。 ── 卒業後は一度就職されたのでしたね。 伊藤:野球のつながりでリース会社に就職しました。有楽町のサラリーマン。でも、会社のしきたりがダメだった。それと、働いてみて「俺はやっぱりブルーカラーだ、事務所でパソコンいじるより現場で動き回るほうが得意だ」って思ったし、野球っていう目的がなくなって心に穴が空いた状態で「なんかやらなきゃ」って思っていたんです。そんな時に、たまたまアルゼンチンに住んで写真を撮っているカメラマンを知って「こういう仕事も成り立つんだ!」と。それで入社1年目の2月に辞めてスペインに飛びました。 ── それまで写真は撮っていたんですか? 伊藤:全然やったことなかったですよ。海外に行ったこともなかったし。写真をやるっていうのは会社を辞めるための口実で、今思うと何も考えてなかったですね。 ── えっ! 就職氷河期ど真ん中の時期ですよね。海外旅行も写真の経験もないまま会社を辞めてスペインへって、よく振り切れましたね。 伊藤:若かったし「俺、人生でまだ野球しかやってないじゃん、もうひとつくらい試させろよ」って思ってたから。 ── スペインからどうして中南米へ? 伊藤:向こうで知り合った同年代のスペイン人に興味が持てなかったんです。日本人と同じような環境で育っていて、話してることも生ぬるくて。こっちには格好つけて日本から出てきたからもう戻れないっていうプレッシャーがあるのに「お前らの恋の話なんて聞いてるヒマはない」って思いましたから。 ── (笑)。 伊藤:気づいたら周囲は中南米人ばかり。狭いアパー. このDVDは販売されていないんでしょうか?どなたか購入できるサイト等ありましたら教えて下さい。 こちらの作品になると思いますが、DVD(およびビデオテープとしても)は. 伊藤:やっぱり、普段から銃撃戦があって、死んでる人を身近に見ているからでしょうね。「今日を生きる」ってよく言うじゃないですか。将来のためじゃなくて、この今を生ききるみたいな。向こうではけっこうみんながそう言っていたから、当たり前のことなんでしょうけれど。 ── 頭だけじゃなく、経験として、身体でそれを理解しているんでしょうね。みんな、先のことなんて考えられないだろうし。 伊藤:考えてないですよ。先が考えられないぶん、生きることがより濃くなる。この写真集ではそういうことを言いたい気持ちもあるんです。 仕事のこまごました内容や職場の人間関係にいちいち文句をこぼしたり、未来を必要以上に心配して落ち込んでいる人は、一度ブラジルに行ってホマンチコしてこいよ! って(笑)。 ── (笑)。僕ら中年世代だけでなく、十代や二十代の若い子たちにのなかにも、いたずらに将来の不安を感じて、肝心の「今」をおそろかにしている人は少なくない気がします。 伊藤:ファヴェーラの男たちはけっこう自由にやっちゃってる。迷わずにそれぞれが好きなことを具体的にやる。俺はそういうシンプルな世界が見たくてブラジルに行っていた部分があります。『ROMÂNTICO』を撮ったのも、若い頃にグズグズ悩んでたことが関係しているのかも。あの時期がなければ、ここまでやっていなかったかもしれないですね。 僕らには、いや、少なくとも僕にはホマンチコが不足しているのかもしれない。 伊藤さんの話を聞いていて思った。 うまいメシを食って、好きな異性と愛し合い、笑って、泣いて、迷わずに好きなことをやる。一瞬のきらめき、絶頂さえ感じられれば、人生なんてそれでいいのかもしれない。 伊藤大輔(いとう・だいすけ) 1976年仙台市生まれ。明治大学卒. ▲『ROMÂNTICO』より 「ひとつ釜の飯を食う」というおなじみの表現。 これは、同じ環境で生活すれば人は親しい関係を結べる、ということを示す慣用句だ。でも、こと異文化圏においては、そう単純にことが運ばないこともあるようだ。 ── 現地の人と仲よくなるために、食事やお酒を共にしたりはしましたか? 伊藤:顔を覚えてもらうまではしましたよ。ただね、ずっと付き合っていると疲れるんです。 ── どうしてでしょう? 伊藤:はっきり言うと、おごってあげないとダメなんですよ。外国人は金を持ってるからってことで。びっくりしたのは小学1年生くらいの子どもが「わたしは貧乏な階層の出だから」って普通に言うんですよ。子どもがそれを認めてる。金持ちからはもらって当たり前だと。 「アジュダ」って言うんですけれど「助けを乞う」っていう。俺もファヴェーラの住人で、彼らと同じレベルで生活しないとやっていけないのに、あらかじめこちらがお金を出す前提で話が進んでいたり。 ── 同じ場所に住み、同じものを食べて、同じ目線で写真を撮ろうと思っているのに「お金を出す者/出さない者」みたいな部分で厳然とした線を引かれるのは寂しいですね。 伊藤:そんな寂しさはいくらでも味わってきましたよ。「何年一緒にいても結局はそこかよ」みたいな。内側に入れば入るほどそういう面が出てくるから、お金のことでは本当に疲れました。だから、もう1回住みたいとは思わないです。 ▲写真集『ROMÂNTICO』より ── それも彼らのサバイバル術、したたかさなのかもしれないですね。極端な格差社会で自分の境遇を肯定して生き抜いて行くための戦略。 伊藤:「自分は貧乏人だ」って認めている者の強さなんだろうなって。でも、その考え方を理解するのは、日本で生まれ育つと案外難しい。フェヴェーラの住人の間にそういう線引きはないんです。 俺はファヴェーラ育ちじゃないけれど、やっぱり対等になりたいじゃないですか。人生の時間も労力も費やしているし。そう思って対等を目指して行くんだけれど、最後の最後でやっぱり、っていうね。 ── 死に近いゆえに濃厚な一瞬を生きる環境では、食べ物がすごく大事なんじゃないかと思うんです。ファヴェーラの人々の生きざまと食事について、なにかつながりを感じたことはありますか? 陳腐な思いつきで恥ずかしいんですけれど、たとえば抗争前にギ. 「ファベーラに行きたい」と思っても、観光客が勝手にファヴェーラに入るのは歓迎されません。 危険です。 時々、旅行者の方で「今日はファベーラに行ってみよう」とフラっと単独で行ってしまう人もいるみたいですが、軽率すぎます。.

com独占、先行公開などのレアな動画もあり、映画行く前に. 映画「ファヴェーラの丘」について: “ファヴェーラ”と呼ばれるリオデジャネイロの危険なスラム街を舞台に、“アフロレゲエ”というグループを結成し、音楽やダンスを通して麻薬や暴力に向かわない子どもたちの成長を. ▲写真集『ROMÂNTICO』より ファヴェーラにはそこで生きていくためのルールがある。そして、僕ら同様に穏やかな日常も。伊藤さんの話を聞いて、そのことを初めて知った。もちろん、ぼんやりと生きていけるほど安全ではないだろうけれど。 ── 「ファヴェーラのルール」について教えてください。 伊藤:ギャングの居場所を警察に教えないとか、写真を撮らないとか、ファヴェーラ内で盗みはしないとか。ファヴェーラではギャングが警察としての役割も担っているんです。だから、むしろ警察の介入で余計に治安が悪くなることもある。結局撃ち合うわけだから。だったらギャングが統一してくれていたほうがいいこともあるんですよ。向こうは警察もめちゃめちゃなんで。 ── 住人はどの程度貧しいのですか? 伊藤:ブラジルは格差が激しいからお金持ちから比べれば貧乏は貧乏です。でも、俺は彼らが貧しいとは思わない。ご飯が3度食べられて、餓死するレベルじゃない。時間はあるし、けっこうぜいたくな暮らしだと思いますよ。キューバとかから比べればね。それに、みんな家はある。リオの市内にホームレスはいても、ファヴェーラにはいない。そもそも、そういう人たちが家を建てて住み始めたのがファヴェーラですからね。 ── 経済的に底辺の人が死に近いというわけではないんですね。 伊藤:経済力は関係ないですね。流れ弾に当たるか当たらないかの運というか。ファヴェーラにいる限りはいつどこで銃撃戦が起こるかわからない。起こった時に道にいたらっていう感じなんで、経済力は関係ないです。 ── ファヴェーラの丘 実際に銃声を聞いた時にどう感じましたか? 伊藤:「本当に軽いノリでここまで来てしまったな」とは思いました。それまでは、危ないと言ったって死にかねないような目には合わなかったから。そのへんで銃撃戦をやっていると、友達を構っている余裕なんてないんですよ。 本能的に他人の後ろに逃げようとする。ただ、誤解して欲しくないんだけど、ファベーラの人たちの99%はいい人だし、99%の穏やかな日常はあるんです。だけど、1%の闇。それはその時に初めてわかりました。こういう所なんだって。本気でね。. by dany13 ファヴェーラとはブラジルにおいてスラムを意味する言葉。ある程度の規模を持つ都市には必ず存在し、ブラジルを語るうえで決して避けることのできない重要な部分だ。リオデジャネイロの人口の4人に1人はファヴェーラの住民と言われるほどその規模は大きい。 ファヴェーラの歴史は100年以上前に起きた内戦に始まる。政府軍は反乱軍を鎮静化させるため、元奴隷の黒人を徴用した。内戦終了後に黒人達は大都市に住むことを許されたが、住居は与えられなかった。 そこで黒人たちは山の斜面を不法占拠する形で居住を始める。当時は都市人口もそれほど大きくなく、斜面の生活に不向きなエリアなどは完全な未開拓だったのだ。 始めは元奴隷黒人だけの街だったファヴェーラには、都市部の家賃高騰によりはじき出された人々が住み着くようになる。こうして出来上がったのが巨大スラムとしてのファヴェーラだ。. ねえ。まあ、言葉はできるようになっていたし、仲良くなれば撮れたりするんじゃないか、それをやったら価値があるんじゃないかって、簡単に考えていたんですよ。 ── 実際のファヴェーラはどんな場所なんでしょう? 日本での報道を見ている限り、おいそれとは立ち入りがたい危険な地域に思えます。 伊藤:1000以上あるファヴェーラごとに危険度は違うし、状況にもよりますね。統治が行き届いている所もあれば、抗争が泥沼化している所もある。時期によっても違う。俺が住んでいた「バビロニア」というファヴェーラは、海が見える高台の快適な場所。それでも年に1回はドンパチがあるんだけれど。 ── おもに撮影をされたのはリオ最大のスラムと言われる「ホシーニャ」でしたね。 伊藤:ホシーニャはけっこうやばい場所です。 ── 身の危険を感じたことはあったでしょう? 伊藤:みなさんが想像するほどはないですよ。ギャングの子を日中に撮影中、ストロボの調子を試していて友達とはぐれちゃった時に、ヤツらに襟首をつかまれて、仲間が集まっている場所に引っ張って行かれて。「コイツ写真を撮ってましたけど、どうしますか?」ってボスに引き渡されたことはありましたけど。 ── それは普通に怖いですよ。 伊藤:でも、何を話しているかはわかるし、自分がジャーナリストじゃないことを証明できればいいから。 ── どういうことですか? 伊藤:ゴルゴ13みたいに遠くから狙うジャーナリストがいるんです。ギャングの顔は新聞社とかに売れるんで. ファヴェーラはハリウッドから大人気のスラムだ。「シティオブゴッド」「ファベーラの丘」「バス174」など名作が連ね、どれもギャング同士の緊迫感あふれる戦闘シーンや、ドラッグをめぐる大金の取引などがリアルに描き出されている。 特にファベーラの丘はしっかりとブラジルの貧困問題を知りたい人におすすめの作品だ。ドキュメンタリーなので過激な戦闘シーンを求める人には退屈だろうが、現実とは本当に退屈なもの。何百年も同じ日常に苦しんでいる人達がいるのだ。 ファベーラには貧困、ドラッグ、ギャングなどの問題が入り交じり、ブラジルという国家の力ではどうしようもない現状がある。各国のNGOが入って改善されつつある部分も存在するが、根本的な解決には遠い道のりが続く。 繰り返すがファベーラは旅行者が気軽に入る場所ではない。友達に「スラムを歩いたけど平気だった」などと自慢したいだけなら絶対にやめてほしい。それは自身の安全の問題だけじゃない。貧困地域に住む住民は動物園の動物じゃないのだ。.

現在のファヴェーラは日本人がイメージするスラムとはかなり違った印象だ。なにしろリオデジャネイロ市民の4人に1人が暮らす場所。それほど荒れ果てて危険というわけにはいかない。 しかし山の斜面に小さな家が密集しているため歩くのは大変だし、基本的に不法占拠された場所なので公共サービスを受けるのは難しい。電気はほとんどが盗電で、生活用水は給水車からの配水に頼る。 ゴミ収集が一切行われない地域もあるということで、衛生面でも多大な問題を抱えていることは確かだ。. すごい写真集を見つけてしまった。 タイトルは「ROMÂNTICO」。ポルトガル語で「ホマンチコ」と読む。日本語に訳すと「劇的」「ロマンティック」という意味だ。 撮影は伊藤大輔さん。TBSのテレビ番組『クレージージャーニー』にも登場したので、ご存じの読者もいるかもしれない。 東京での会社員生活を捨て海外へ。 劇的な人の生きざまを追い求めて、足掛け15年間を費やして作られたこの本は、リオデジャネイロのファヴェーラ(ブラジルでのスラムや貧民街を指す言葉)、メキシコシティの娼婦、そして、キューバのボクサーたちの写真で構成されている。 ▲写真集『ROMÂNTICO』より なかでも、10年におよぶファヴェーラ生活のなかで撮られた写真には息を飲む。 市街を望む丘の上に隙間なく建てられた家々、バンダナで顔を隠し銃で武装したギャング、深夜のクラブで絶頂する若者たち。登場する誰もが発する熱、生の匂いにヤラれてしまう。 あとがきに記されたこの一文につかまれたのは、なにかと生ぬるい東京でふ抜けた毎日をなんとなくやり過ごしている自分自身へのいら立ちゆえだろうか。 そして、思った。濃密な生をタフに生き抜くことを求められる場所には、命を支えるメシがあるはずだと。 そこで、伊藤さんご自身のこれまでや、写真家としての活動の軌跡、ファヴェーラでの生活や食事について話をうかがってきた。. ファヴェーラの丘の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。麻薬と暴力がはびこるリオ・デ・ジャネイロ. ファヴェーラとは、ブラジル国内の都市などにおける丘・山の中腹にある貧民街(いわゆるスラム )のことである。語源は定かではないが、そこにあった植物の名前、あるいは先住民の祖国にあった丘の名前などといわれる。.

ファヴェーラの丘()の映画情報。評価レビュー 9件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、。 “ファヴェーラ”と呼ばれるリオ・デ・ジャネイロのスラム街を拠点に、平穏な社会の構築を目指して奮闘する活動家、アンダーセン・サーの姿を追ったドキュメンタリー。. 「ファヴェーラの丘」の解説 『シティ・オブ・ゴッド』でも描かれた、信じられないほど暴力的なリオのスラム街“ファヴェーラ”。 音楽によって、絶望的で息詰まるような日常から、希望ある未来を子供達に示そうと立ち上がった男、アンデルソン. 23日の放送でご紹介した映画「ファヴェーラの丘」、 4月5日(土)より恵比寿ガーデンプレイス内・東京都写真美術館1階ホールにてゴールデンウィーク・ロードショー!. ファヴェーラってほんとうに丘にあるの。 普通スラム街って水はけの悪い、いちばん低いところにあるけど、リオのファヴェーラは山のいちばん上の方にあった。. See full list on hotpepper. 洋画 ファヴェーラの丘CSVL-0013DVD全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格. 年1月21日、DVDセル&レンタル同時リリース! com/favela/ 悲しみを乗り越えて、一人の男が子供たちを、街を.

movie :: ファヴェーラの丘 遡る事 7ヶ月前、代々木公園のブラフェス に行ったときからずっと公開されるのをたのしみにしていた ファヴェーラの丘 、とうとう公開されました。. ファヴェーラの丘(原題:Favela Rising)は、アメリカ製作によるブラジルのドキュメンタリー映画。ジェフ・ジンバリストとマット・モチャリーによる共同プロデュース及び監督のデビュー作。. ファヴェーラの丘 ファヴェーラの丘の概要 ファヴェーラの丘Favera Rising監督ジェフ・ジンバリスト / マット・モチャリー製作ジェフ・ジンバリスト / マット・モチャリー出演者アンデリソン・サー編集ジェフ・ジンバリスト配給ナウオンメ. 『 ファヴェーラの丘 』 良い映画ですよ!! 是非、観てみて下さい!!! にほんブログ村日本ブログ村&人気ブログランキング♪ 映画 ブログランキングへ 良かったら二つともワンクリックお願いします☆. ファヴェーラとは、ブラジル国内の都市などにおける丘・山の中腹にある貧民街(いわゆるスラム)のことである。 語源は定かではないが、そこにあった植物の名前、あるいは先住民の祖国にあった丘の名前などといわれる。. More ファヴェーラの丘 videos. ▲写真集『ROMÂNTICO』より 彼らのサバイバル力に引き込まれていった伊藤さんは、まずは1年かけて南米を1周。 続いて10カ月間中米を回り「旅で撮れる写真には限界がある、実際に住まないとダメだ」と痛感。リオデジャネイロのファベーラに腰を据えることを決める。友人の家を間借りして、ファヴェーラの作法、そこで生きるイロハを教えてもらいながら撮影を始めた。 とはいえ、スラムと聞けば「貧困」「暴力」「犯罪」といったネガティブワードが自動的に頭に浮かぶ。しかし、伊藤さんによれば、話はそう単純ではないらしい。 ── でも、どうしてよりによってファヴェーラに? 伊藤:ハードルが高いから(笑)。住む前からファヴェーラの悪名高いうわさは聞いていたんです。それに、ギャングの写真を見ていても、警察の側から撮った写真は意外と. ▲『ROMÂNTICO』より 伊藤さんの写真は、淡々としていながらも、シビアな環境でタフに生きる人たちのエネルギー、温度、命のきらめきのようなものを感じさせる。そしてつい、経済的には格段に豊かであるにもかかわらず、将来を憂い、沈んだ表情をする僕ら日本人の姿を対比して浮かべてしまう。その違いがどこにあるのかについても。 ── 決して恵まれていない境遇にあっても『ROMÂNTICO』に登場する彼ら彼女らのほうが、僕たち日本人よりもエネルギッシュに生きているように感じます。どうしてだと思いますか?

by André Gustavo Stumpf 一見すると平和な街のように思えるファヴェーラにも裏の顔がある。その一番の原因はドラッグだ。ブラジルではコカインがマフィアやギャングの莫大な資金源となっている。その主要な取引先、取引場所がファヴェーラなのだ。 大金が絡むドラッグの取引や権利をめぐり、ギャング同士の抗争は頻発する。ファヴェーラ内では昼間でも銃声が聞こえることが珍しくなく、住民は流れ弾の危険性を熟知して生活する。 ファヴェーラ内の若者は金を求めてギャングに入り、コカインの取引は終わることがない。ギャング同士の抗争に警察の出る幕はなく、ファヴェーラ内の治安が守られることはない。殺人があっても公になることはほとんどない。 ギャングメンバーは銃火器で武装しており、ファヴェーラ内で強盗やレイプが行われることも珍しくない。特に夜間は住民でも外出を控えるという。 一見すると安全そうだからといって、安易に旅行者が立ち入るなんて自殺行為。かなりの確率で人気のない場所に連れ込まれ、銃を突きつけられるだろう。有り金すべて置いていけば命は助かるだろうが、少しでも抵抗すれば容赦なく殺される。. 「ファヴェーラの丘」を見ていると、音楽が人間にどれだけの喜びと光と喜びを与えるものかということが直截に伝わってくる。 先進諸国が見失ってしまっている「希望」という言葉が、彼等の中に強い力となっているということ。. com/favela/) ブラジルのスラム街。麻薬の売買、暴力、殺し. そして、そこに生い茂っていた植物にちなみ、その丘を「ファヴェーラの丘」と呼びました。 しかし、政府はここから反乱が始まるのを恐れ、軍を派遣し「カヌードス戦争」という名の虐殺が行われました。. ファヴェーラ(ファヴェラ、葡: favela )は、ブラジルにおいてスラムや貧民街を指す言葉。 ブラジルのほぼすべての大都市および中規模都市の郊外には、不法居住者の建てた小屋の並ぶファヴェーラや、既存の町がスラム化したファヴェーラが存在する。. More ファヴェーラの丘 images.

ファヴェーラの丘

email: liwopusi@gmail.com - phone:(210) 231-2383 x 6986

ビフォア・サンライズ/サンセット/ミッドナイト トリロジーBOX - エロスの少年

-> 太陽の季節 オリンポスの果実
-> 林家たい平の『ドラ落語』

ファヴェーラの丘 - 狂った血の女


Sitemap 1

2010年 - 五人の賞金稼ぎ